2008年02月26日

RBC第四回(2008/2/20放送分) 1

今回の音声放送はこちら:
http://db1.voiceblog.jp/data/setuna-k/1205931874.mp3

ラジオ内使用曲提供
・WEB WAVE LIB
・TAM Music Factory
=====
「こんばんは、RBCヘッドライン、キャスターの神凪刹那です、この放送はアイドレス内に起こった出来事や、今配信できる最新の情報をお届けする、アイドレス情報専門番組です、短い時間ではありますが、どうぞお付き合いくださいませ」

「この番組は、羅幻タマハガネ海運物流でおなじみの、羅幻王国の提供でお送りします」

 ----------------------------------------------------------------

本日、イベント74 文族の春の結果発表がありました。

○テキスト部門は、海法 紀光(かいほうのりみつ)さん、サターンさん、はるさんによって採点され、最終的な賞の選考および、本総評は、海法 紀光さんによって書かれました。

 審査基準は各作品を、内容と分量でそれぞれ採点し、複数の審査員の評価を合算しました。
 なお、できるだけ多くの方に賞をあげたいこともあり、同一部門に複数の作品を応募され、複数受賞された場合については、一番高い賞一つを受賞するものとしました。


○特別部門
イラストでも文章でもない作品を評価するために急遽作られた特別部門。力作揃いの投稿で、最高賞1本を含む、計205マイルの賞金が出ました。

どれもすごい作品ばかりで、ジャンルも様々に渡るため、採点が難しかったです。
 審査基準としては各作品ごとに「かかった労力」「アイディア」「全体的な面白さ」の三本柱で採点しております。

審査は松井、監修は是空、総評コメントは海法となっております。



受賞者全員のお名前を読み上げることは出来ませんので各部門で最も評価された作品とその作者のお名前だけ発表させていただきます。

○中編部門:戯言屋(ざれごとや)さんの「それゆけ! 北海島アイドレス解放戦線!」
○短編部門: へぽGSさんの「アイドレスを10倍楽しむ本前日談〜+おまけ。簡単な作戦TIPS作成法」

○回想部門:癖毛爆男(くせげばくお)さんの「(無題)」

○コラム部門:東西 天狐(とうざい てんこ)さんの「呟き」

○攻略法部門:東 恭一郎(あずま きょういちろう)さんの「アイドレス経済活用マニュアル 改訂3版

○イラスト部門:春雨さん(http://harunatto.fc2web.com/i59_graf/bh_renall.jpg

○漫画部門:南天さん(http://minamitenka.at.webry.info/200801/article_57.html

○特別部門:ホードーさんの「ナニワ式 神経衰弱 ver.0.9」


●最後に、イラスト部門の総評である、是空さんと松井さんのコメントで締めさせて頂きます。
 まずは、選に漏れてしまった方、申し訳ございません。
 すべての作品を確認し、ホンのわずかな差での結果とお考えください。
 絵を生み出す労力は絵描きの端くれとして私も理解しているつもりでございます。

・画力と手間
 これに関しては審査委員内でも意見が分かれました。
 素人の熱意が十数枚描いた努力はプロの数時間の1枚に負けてしまうのか?
 と、いうテーマが存在するからです。

 こればかりは残念ながら負けてしまうこともあると思われる。

 ある種、熱意の心を折ってしまう回答かもしれません。
 ですが、プロが数時間で素晴らしい絵を描けるようになるためには、そのレベルにたどりつくための努力、練習が必須となります。
 苦しんできたからこその結果なのです。

 今回の審査も、絵の上手い作品をどうしても推してしまう傾向にはあります。
 ですが、それにはそれなりの理由があり、その作品が生み出されるまでの作者の経験蓄積や実力という背景ごと評価させていただいている。そうお考えください。

 もちろん、手間や密度の面はどの作品にも存在し、今回の各受賞作品は一概に「絵の上手さ」だけでは選んではいません。


・一般投票との差異
 一般投票は良いアイディアでしたが、告知と募集時間の関係であまり数がなかったのは残念です。
 審査員一同、一般投票も参考にはいたしましたが、全作品に目を通し、総合的に判断させていただきました。
 一般投票と審査結果に差異があるのはそういった事情であります。

 これから絵を描こうと思ってる方々も、どうか熱意を失わずに執筆を続けていただければ幸いです。
 いきなりエースになれたエースは居ません。
 絵は単純な反復練習の元に絶大な力を身につけさせてくれます。どうか、熱意を失わずに。
 それでは、素晴らしい作品の数々、ありがとうございました。
 次は、技族の春が来ることを期待しております(笑)


 受賞者の方々おめでとうございます。
ここにあげた受賞作以外にも本当に面白い作品が多いので、是非ともご覧下さい。
また、非常に多数の作品を審査してくださった、審査員の皆様、お疲れ様でした。

----------------------------------------------------------------

文族の春結果発表に伴い、2月後期分のゲーム予約の締め切りが2月22日の朝8時までとなっております。
文族の春の結果を待って予約しようと思っていた人も、忘れずに予約申込をしましょう。また、予約が殺到しているために、ACE召喚マイル節約の為に2時間連続でのゲームを希望される方は忘れずにその旨を予約申込の際に明記しておきましょう。

----------------------------------------------------------------

2月後期枠では悪童同盟所属の奥羽りんくさんと奥羽恭兵さんの結婚式が予定されております。
結婚式のためのドレスやブーケの公募はすでに締め切っておりますが、3月下旬に悪童同盟のチャットで行われる予定の披露宴用の衣装2着はまだ募集中です。こちらの締め切りは2月29日(金曜日)となっております。
また、お二人への祝電もまだまだ受け付けておりますので、まだの方はこぞって祝電を贈ってあげましょう。

----------------------------------------------------------------

 NWCでの芝村さんの発言から、昼と夜に簡単な演習が行われました。
このの講習は、主に小笠原ゲームにおける、戦闘が苦手な人向けの講習となっています。
軍事に関係のあるACEや個人ACEと小笠原で遊ぶときの心構え、実際に戦闘に巻き込まれたときの動き方などを説明しています。

・基本戦術=『抱きついて離れない』
戦闘が苦手な人は、ACE、個人ACEと絶対に離れてはいけません。
個人ACEの場合基礎性能(評価)が高く常に高い評価値で行動できます。
もし「自分は死んでもいい」と思う場合でも、一緒にいれば相手が危険なことを避けますのでかえって安全になります。

・防御
防御する場合は、ACEに抱きついていたほうが安全です。

・攻撃
攻撃の場合は、「75%ルール」のため、防御の場合とは逆に離れることが大事です。
例えば、ACEが出来てもPCが出来ない攻撃をしようとした時、メンバーの50%しか出来ないことになり、攻撃ができないのです。

・データの把握
大事なのは、同行するACEの特殊をきちんと控えておくことです。万が一何か起きたとき、必ず役に立ちます。
普段からきちんと自分たちに関するデータを把握しておきましょう。

・ACEのパワーアップ
1.ARを上げる
何か乗り物に乗ると、自動的にARが高まります。
必ずしもI=Dなどでなくとも、そのあたりにある自転車でも良いのです。
戦闘になりそうかな、と思ったら、近くに乗り物がないか確認するだけで、ARを稼げる可能性があります。

2.建物に入る
建物に入ると、装甲修正が+3されます。
この場合、敵に偵察をさせることでARを消費させられますので、さらに逃げ切れる可能性が高まります。

・危険回避
ゲーム開始時のイベント選択において、「可能な限り安全な場所で話したい」と注文することです。
小笠原での危険の察知には、小笠原天気予報などがとても役立ちます。
ゲームを遊びたいと思っているときはなるべく参照して、自分で危険を回避しましょう。

●以下は、その際に案内される可能性が高い、比較的安全な場所です。

・安全エリア1:宰相府の秘書官保養所
とても安全ですが、藩王と宰相の秘書官しか使用することができません。
宰相府にありますが、にゃんにゃん共和国の藩王でも、外交使節として中に入ることができます。

・安全エリア2:宰相府の門の前
一般人の入れる中では最も安全なエリアです。
宰相府のACEである今日子や、さらに雷電2匹が門を守っています。

・安全エリア3:冬薔薇園
シロ宰相がよく薔薇の手入れをしに来るため、警戒が厳重です。
非常にチェックが厳しく、安全でもありますが、セプテントリオンに与している疑いのある者などは近寄らない方が良いでしょう。


●以下は安全でない、比較的危険なエリアです。

危険エリア1:春の園
危険エリア2:夏の園
危険エリア3:キノウツン藩国
設定上、人の往来が多いため、その中に暗殺者がいる可能性があります。

危険エリア4:芥辺境藩国
天領との接点にあるため、色々な事件が起きる可能性が高いです。


・暗殺防御
暗殺というのは、よほどの要人でないとされません。
要人であるACEと仲の良い人や、各国の藩王、秘書官などは気をつけていた方が良いでしょう。

対処法1:自分自身が強くなり、敵を倒す
対処法2:頭が悪いふりをしてマークを外す
対処法3:影武者やセーフハウスつまり、隠れ家を用いて暗殺を難しくする
対処法4:護衛をつける


 現実的な対処法 として、
1:護衛をつける
2:プレイヤーACEを手に入れる
基礎評価が上がり、死ぬことが少なくなります。
さらに、影武者としても使えるため、暗殺で殺される可能性も最小限に抑えられます。

まとめ
ACEが誰かの危機を助けようとしているときは、ACEの能力に比べて無謀だと思うのなら止めるか、覚悟を決めてついていきましょう。
一番大切なことは、相手のことをどれほど理解しているかです。
自分の気持ちと相手の気持ちを大切にして、楽しくゲームができるように行きましょう。
----------------------------------------------------------------
posted by RBCアーカイブ管理部 at 02:45| RBC原稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。